読書が苦手な人が、スラスラ読めた本ランキング

スキル

心がもやもやするな〜と感じた時、こう自分に言い聞かせてます。

「気の持ちようだ」

どうも、平凡サラリです。

今回は、読書がすごく苦手な私でも、スラスラと読めた本を紹介します。

それではどうぞ!

「読みたいことを、書けばいい。」 田中 泰延

ブログを始めたので、どんなことをテーマに書けばいいか、参考書として購入しました。

冒頭から、タイトルの通り著者が「自分が読みたいこと」を書いているように感じる本でした。
文字も大きく、余白がしっかり取られているので、あっという間に半分くらい読んでしまいます。
また、途中で挟む、就活に関する話がとてつもなく面白いです。(私は声に出して笑ってしまいました)

ちなみに私は、この本で「調べ方」というものを学びました。
学校、仕事、趣味にも役立つのではないかと。

とにかく読みやすいです!!

「ウォーレン・バフェット 賢者の教え〜世界一投資家 思考の習慣〜」 桑原 晃弥

知ってる人は多いのでは?
アメリカの投資家であり、経営者であり、資産家であり、とてつもない
大金持ちを紹介しているお話しです。

難しそうな本ですが、全然そんなことありませんでした。
かなり、分かりやすく書かれているので読みやすさ満点です。

全て実話なので、読んでいてワクワクします。
冒頭に略年譜を紹介するんですが、13歳で所得税を申告していたのには、驚愕でした。

投資に興味がない人でも、全然楽しめる本なのでぜひ!!

「6億円文章術」 紙 直樹

平凡サラリがブログを始めるきっかけとなった本です。

ブログで稼いでる人の本は読みやすい!
どのようなステップを踏めば、収益を生み出すことができるか、
分かりやすく、丁寧に書かれています。

一度読んだら終わりではなく、
自分がブログを運営していく上で迷った時に
辞書としても使える本です。

ブログや、副業に興味が無い人でも楽しめます!!

広告スポンサー




まとめ:読書が苦手な人はとにかく読みやすい本を読もう

平凡サラリは勉強拒否反応を起こし、読書に対しても拒否反応を起こす人間でした。

読書を始めるきっかけは、人それぞれありますが、

平凡サラリは、会社の収入が激減したことで、

自分の力でお金を稼ぐ力を身につけたいと思い、

その為には、“無知は生きていけない”

そう強く感じ、積極的に読書をすることにしました。

ですが!

いきなり文字びっしり、専門用語多様、

そんな本を読んでも、ちんぷんかんぷん、長続きはしません。

まずはスラスラ読めるような本で

読書という「経験」を重ねていくことが、

重要だと平凡サラリは思いますので、

ぜひ参考にしてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

それではまた!

コメント