【5分で解決】ショートカットキーで効率化

5分で解決

どうも平凡サラリです。
あなたの悩みを5分で解決します。

私はプライベートではMacですが、会社ではWindowsPCを使ってます。
仕事柄エクセルを使うことが多く、効率的にPC操作ができるか日々考えて過ごしてます。
そんな現役サラリーマンが使っている手法を紹介します。

広告スポンサー




1.まずはマウスからタッチパットに切り替える

PC操作を効率的に使うにはまずマウスを使うのをやめましょう。
実は最近、私が実践してものすごく感じている方法です。

きっかけは、大量のデータを整理するときでした。
何度もマウスに手を伸ばす動作に疲れてしまい、いっそのことタッチパットを使った方が楽なんじゃないか?と思い使い始めました。

最初は使い慣れていないので、やりづらさはもちろん感じました。
しかし、逆に「使いづらさ」をどうやったら解消できるか?と考えたときに、

『ショートカットキーをフル活用できるようになれば、タッチパネルを最小限に抑えられる』

つまり、マウスや、タッチパネルが最も非効率でストレスになるツールだったのです。

結論、ショートカットキーマスターへの近道は、

まずはマウス→タッチパッドに切り替えて覚えよう

です。

それでは、本題のショートカットキーを紹介します。

2.まずは初級のショートカットキー5選!

① コピー 「Ctrl+C」

Excelで最も使うショートカットキーではないでしょうか?
「COPY」の頭文字を取った「C」なので覚えやすいと思います。

② 切り取り 「Ctrl+X」

切り取って貼り付ける時は、「Ctrl+X」→「Ctrl+V」の手順で進めて下さい。

③ ペースト 「Ctrl+V」

「Ctrl+C」、「Ctrl+X」したものを、好きなところへ貼り付けられます。
Excel、Word、PowerPointなど、様々な場面で活用できます。

④ 元に戻す 「Ctrl+Z」

「間違えた!」そんな時コレを覚えていると0.1秒で元に戻せます。

⑤ 一つ進む 「Ctrl+Y」

私が使うタイミングは、入力ミスのときに使用する「Ctrl+Z」で本当に間違っていたか、交互に使って確認用として使います。

ちなみにこれのことです。

3.中級のショートカット3選!

① 行選択 「shift+スペース」

マウスを使ってわざわざ行選択するのはめんどくさい!
私はこのショートカットを使って効率的にExcelを使っています。

② 列選択 「Ctrl+スペース」

「shift+スペース」の列バージョンです。
両方のショートカットを使って、マウスから脱却しましょう。

③ SUM  「shift+Alt+=」

意外と知らない人が多いのではないでしょうか?
私は先週気づきました。
そもそも、SUMってすごく使用頻度高いのにショートカットキーを調べなかったのだろうと後悔をすごくしています。
よく使うやつほど、ショートカットキーは覚えた方が効率的です。

4.上級ショートカット2選!

① 検索 「Ctrl+F」

膨大なデータの中から、これを探したい!ってときに使えるショートカットです。
検索したい文字列または数字を入力すれば0.1秒ぐらいで見つかります。

② 置換 「Ctrl+H」

例えば、複数のセルに入力されている「7月」を「8月」に直すとなったとき、一つ一つのセルを修正していたら日が暮れますよね?
そんな時にはこのショートカットを使って一括修正しましょう。
「検索する文字列」に7月、「置換後の文字列」に8月と入力して、「すべて置換」を押すとあっという間に7月が8月に置換えられました。
これは便利ですね。

以上

コメント