【1分で解決】エクセル関数のvlookupの使い方

1分で解決

どうも平凡サラリです。

忙しいあなたに余計なことは言いません。
1分間で使い方を紹介します。

広告スポンサー




手順③ まず関数の式を理解する

ざっくり、どの部分に何の情報を入れるのか理解しましょう。

  • ① マッチングさせるキー
  • ② 取得先のデータの範囲
  • ③ 何行目か
  • ④ 0=完全一致した場合

①は見ての通り、大元となるキーです。
コピぺしたりするとずれて大変なことになるので気をつけましょう。

手順② どのデータから情報を取得するか明確にする

例えばこんな表(一番左側にコードがあって、その右側に取得したい情報)

手順② お互いのキーとなる情報が合っているか確認【②にあたる部分】

キーが合っていないとこんな感じなります。
取得先の表にある、キーが何か悪さしてます。

取得先のキーはどうなっているか確認してみると、セルの中に空白がありました。
つまり、キーは、空白さえもエラーを起こします。
「#N/A」が出たら、真っ先にキーが合っているか確かめましょう。

手順③ 何行目か確認する【③に入力する数字を決める】

キーに対して、何行目の情報を取得するかを決める数字です。
キーが1行目なので間違えないように気をつけましょう。

手順④ 最後に、完全一致の0を入れてEnter!

私は、FALSEと打つのがめんどくさいので0と入力しています。

近似一致=TRUE
完全一致=FALSE(0)

以上です。

私が入社1年目の頃は、何度も失敗していました。

結論、慣れです。

使って使って使いまくりましょう!

コメント