【1分で解決】エクセル関数のSUMIFの使い方をわかりやすく紹介

1分で解決
魔法のSUMIFで効率化

現役サラリーマンの平凡サラリが、余計なことを書かずに、
あなたの悩みを1分で解決します。

広告スポンサー




手順① 関数SUMIFでできることを理解する

SUMIFでできることはただ一つ、

指定した条件の合計値を求める事ができるということ。

手順② SUMIF関数の式を理解する

SUMIF関数の式を理解する
  • ① 指定する商品名の範囲を設定する
  • ② 指定する商品名を設定する
  • ③ 合計値したい範囲を設定する

手順③ どちらの表にも合計値を必ず入れる

手順というよりも、反映漏れがないかチェック機能として、どちらの表にも合計欄を設けましょう。
合計値が合っていれば、漏れがないことが確認できます。

このように、エクセル関数をしたから信用するのは危険です。
まずはマクロで集約した数字が一致しているか、必ず確認しましょう。
これをやるかやらないかでミスを大幅に防げます。

『エクセル関数
  信頼しても
    信用するな』    By平凡サラリ

以上

コメント